windows 10 の 1903 は 32GB 容量があればアップデートできるという話

 

 Windows 10 ver 1903 はアップデートに微妙に容量がたくさん必要だったので容量不足で上手くアップデートできない話があちこちで見かけたが、最悪の場合 windows 10 をインストールしなおせばバージョンアップできないわけではない。あきらめて勝手にヤフー知恵袋とかでウソ情報を教えてバージョンアップできないとか書いてる人がいるが、マイクロソフトの発表通り従来の32Gバイトの容量があればアップデート自体はできる。1903 が初期のころ容量不足に対応してなかったり、色々不具合もあった上に、できないと思ってウソを言う人や、それに騙される人とかがさらにウソ情報をさらに広めてしまい大変混沌としてて分かりにくいが。公式のマイクロソフトのページを見てもらえばわかるように

 

www.microsoft.com

ちゃんと32Gあれば動く事になっているし、バージョンアップに際して動作環境も変更はされていない。

 

ASCII.jp:次期Windows 10では領域確保でストレージ32GB機でも確実にアップデート (1/3)|Windows Info

 

 Intel の Rapid Storage Technology の一部のバージョンでうまくいかないなどの例外を除けば、基本的にはアップデートできない人は単に容量を削っていないだけだと思う。不要なファイルが増えすぎていると適当にアンインストールしただけでは空き容量がでないパターンはあると思う。 eMMC の容量が少ないタイプとかも USB 使うとか、最悪の場合でもOSを入れなおすか、回復用のでリカバリで出荷時の状態に戻せばアップデート自体はできるはず。

 ちなみに出荷時の状態に戻すというのは普通はPC買ったときにリカバリ用のディスクがついているか、それもなければ初期の段階で回復用のUSBを作らされているはずなので、マニュアル通りに使っていた人ならば普通に初期化できるはず。

 

適当に 1903 アップデートの話をまとめると

・32Gあればアップデート自体はできる

・対策は空き容量増やせばいいだけ

・足りなきゃUSBをさす

・それでもできないならUSBからインストールを試す

・それでも無理ならPCを購入時の状態に初期化する

・それも無理なら windows を入れなおす

Intel の Rapid Storage Technology は要注意

 

ちなみに windows を入れなおす方がドライバの関係で面倒なので、初期化できるなら初期化の方が楽だと思う。購入時の状態でも普通はドライバとかは入っているので。

管理者権限でも消えなかった windowsapps の話

 

Windows10で、管理者なのに削除できないフォルダを削除する - Qiita

 

 windowsapps という古いフォルダが、windows のバージョンアップをしたら、消せなくなって、これと同じような状況になったので、色々試してみた話。上のリンク先のようなことをいろいろ試してみても、何だか知らないが別のプロセスが使用してるとか謎の理由が出てうまくいかなかった。

 

 で、自分で適当にいろいろ見ていたら「アクセスを許可する」という設定がフォルダを右クリックすると出ていたので、アクセスを削除して共有している状態を解除したら普通に削除できたっていう話。

 

 フォルダへのアクセス許可する権限の関係で古い windows 10 からバージョンアップ (windows 10 ver 1903 は割と大型のバージョンアップで何度か勝手にアップデートしようとして失敗して再起動していたので何か変だったのかもしれない) した関係で昔の バージョンの windows で設定したのが windows 10 とは別物みたいにして残っていたらしく、それで管理者権限でやっても、windows が使ってますよみたいな風になってうまくいかないようだった。

 

 同じ状態になっていた古いマイドキュメントとかも、アクセス許可の設定を変えるだけで他のことは一切しないでただ削除したら消えたので、この手のバージョンアップに伴う古い不要ファイルの削除は、cmd を使うとか面倒なことの前に、アクセス許可のところの設定をいじるだけでいい場合もあるっぽい。

沈みゆく「はてな」

あなたの思いや考え

himadatanode’s blog を更新されてから約1ヶ月が経過しました。そろそろ次の記事を投稿してみませんか?

はてなブログは、あなたが日々の生活から感じたこと、考えたことを書き残すことができる場所です。記事を書き続けることで、あなたの感性や関心が読者にも伝わり、同じ興味を持つ人とのつながりが生まれるかもしれません。

ぜひ、はてなブログで、あなたの思いや考えを言葉にしてみませんか?

 というメールが来て非常にウザい。はてなダイアリーと違って画面に重ねる形で広告を張り出すしこのサービスは自滅しているんじゃないのかと。検索した時にも全然自分のページが出にくくなっている気が。メールは良いが広告は横に表示して欲しい。非常に邪魔で結果的に閲覧数を減らすんじゃないのかと。そしてサービス離れが加速するぞと。べつにtwitterやインスタで適当にカジュアルにつぶやくだけでも普通の人は十分何だし、長く色々ブログスタイルで無料でコンテンツを提供する利用者は今後減る一方だろう。そんな中さらに利用者に「はてな」からでていかないかと誘いをかけてどうすんだと。

 

はてな」は潰れるきなのかな。自滅してないかこれ

 

 

mery を emacs っぽく

note100yen.com

このページを見ていたら、Mery もマクロを使えば emacs っぽくできるなと。ただ、2ストロークのキーマップができなさそう。

 

www.haijin-boys.com

ここも参考になった。

WriteMonkey で日本語を使う話

 Mery の Zen モードなるのが面白いなと思っていたが、前見つけていた WriteMonkey を日本語で使う話。タイプ音を変えたり、周りの音を消す雨の音とかを出せたりと中々面白いのだけど、アレはそのまま使うと、日本語の変換が失敗する。相当ゆっくりタイプした場合にのみ変換できるという妙な癖があった。色々試したら日本語でも普通に使えるのに気づいたので書いておく。

 

で、どうしてかなと思って設定を色々いじってみた。ネットの記事では

 

  1. "Replacements"タブで"Enable"のチェックを外す.
  2. "Misc"タブで,右下(Other)の"Elable markup syntax highlighting"と"Hide mouse pointer when writing"の2ヶ所のチェックを外す.

akonno.blogspot.com

というのが見つかるのだけど変換の挙動の一部は改善するものの完全によくはならなかった。

blog.livedoor.jp

 見つけたコレも、既にバージョンが古いようで今のバージョンではバグってちょっと面倒だったので試さないほうが良い。

色々設定を試した結果

 設定の所にある。Misc はほとんど変換の問題とは関係なさそう。代わりに色々設定を見てみて変換の挙動に関係がありそうだなと思った設定は

 

1.「Replacements

 これが Enable だとスペースバーでの変換がおかしくなる。だから日本語を書く場合はコレを着るのはほぼ絶対。

 

2.「Info bar

 コレを消してると日本語変換に違和感がすくない。「hide when typing show after」のチェックをはずすだけでも結構改善しそう。このバーが表示されたり隠れたりするタイミングで勝手に変換が確定してしまう問題があるので。この機能をどうしても使いたい場合は、せめて隠れるまでの時間をデフォルトの3秒から6秒くらいには伸ばしたほうがまだまし。

 もちろんより安定するには info bar 自体の Enable の所のチェックを外したほうがより安定する。

 

3.「Show White Space

 同様に変換が途中で確定してしまうので、Screen Elements にある Show eihte space のチェックも外しておかないと途中で勝手に変換が確定してしまう。

 

4.「Lookups

 あとは lookups も英語のサイトばかりなので日本語で使うなら減らして設定し直す方が良い気がした。

 

 多分や infobar や show white space は一定時間ごとに画面を更新する動作をしていて、その時にIMEの変換を途中で妨げる何かの動作があるんじゃないかという気がした。ただ、全体としてはちょっとチェックを外せば普通に日本語でも使える。

 

 Lookups を日本語のサイトにする

 例えばデフォルトでは英語の Wikipedia に飛ぶ所 lookups を Edit ボタン押してで "URL with placeholder ”をの所を

https://ja.wikipedia.org/wiki/[lookup]

 に変更すれば日本語の Wikipedia に飛ぶようになる。日本語の辞書なども同じようにURLを変えていけば良いはず。例えばコトバンクへの登録なら

 

 https://kotobank.jp/word/[lookup]

 のようにすればいい。

 

 最後に Mery という日本語向きのエディタも縦書きとかできて面白いので、なかなかいい。他の類似の WriteMonkey 的な機能とかもついてたら良いなとは思うが、頻繁に更新しているようなので待っていればそのうち実装されたりするかもしれない。

 

続きを読む

logitech gaming software マウスのクリックできなくなって困った話

使っているlogitech(日本だとlogicool)のマウスがおかしくなってしまい。クリックを認識しなくなるという出来事が最近あってソレを適当に解決した話。

 

起きた出来事

まず、起きた出来事は、マウスカーソルの動きがDPI200程度の速度まで下がってしまい、クリックも右クリックが一切効かなくなるというもの。それ以外のボタンも一切反応しなくなってしまった。

 

調べてみた事と分った事

まずドライバを再インストールしてみた。マウスのドライバをオンフオを色々切り替えてみた。その結果。HID準拠マウスのドライバがおかしいわけではなく、logicoolの方が反応が変になって居るという事がわかった。HIDのドライバの方はそもそも反応せずにロジクールの方にだけ反応しており、カーソル自体は非常に遅いスピードで動いていたので、全くドライバが無反応になってしまっていたわけではなかった。つまりドライバが完全に壊れているというより、マウスのボタンが読み込まれていないだけだなと。

そこから推測してロジクールのマウスのプロファイルが読み込まれていないのではないかと。

対処するためにしたこと

ということで以前使っていた別のマウス(ボタンがややチャタリングするので交換したマウス)をさしてみると普通に動いた。で、動くようになったマウスで logitech gaming software の設定を見てみると、普段使っていないオンボードメモリから設定を読み込むになっており、更に全てのボタン設定が未設定の状態になっていた。コレではクリックに反応しないはずである。そこでマウスの設定をオンボードメモリを使用しない設定にすると logitech のマウスの方も普通に動くようになった。

念の為したこと

念の為何かの間違いでまたオンボードの方に設定が切り替わると、全てのボタンが無効になってしまうため、オンボードの設定を書き換えデフォルトのボタン設定へと戻しておいた。そもそも、オンボードメモリの設定が全て未設定にした記憶もないので、何らかの拍子にメモリの中身が全部消えたのだと思う。

どこに問題があったか

マウスのオンボードメモリの設定が吹き飛んでしまうとマウスのあらゆるボタンが全く無反応になってしまったためマウスで設定を元に戻すことが出来なかった。つまり予備のマウスがない人の場合は全てをキーボードで操作しないといけないのだが、キーボードで設定できればソレで問題は大したことがなかったはず。だが logitech gaming software がキーボードの操作を全く受け付けない。

これはlogitech gaming softwareの致命的な欠陥だなぁと思った。マウスがバグってキーボードで操作してもLGSは全くキーボードに反応しなかった。もしかすると何らかの方法があるのかもしれないが、一般的なキー操作は全く受け付けなかった。だからオンボードメモリの設定でマウスを使用している人がオンボードメモリの設定が吹き飛ぶ事態が起きた時、一つのマウスでは設定を元に戻すことが出来ないと思う。

 

予備のマウスがある人はそれで、ない人は300円位で売ってる激安マウスでもいいので一つ買ってきてくっつければプロファイルが変になっているだけの場合はもとに戻せるとは思うが LGSがキー操作出来るだけでいいはずなので実に不便。ググった感じではオンボードメモリがバグる事例が他にもあるらしいので割と注意が必要だと思う。

「invalid-read-syntax “#”」 っていうエラーが出た時

日本語の情報がなかったので適当にやったことを。まず症状は何も設定を変えていないのにもかかわらずイキナリエラーが出るようになって

invalid-read-syntax “#”

というエラーがでて起動時にinit.elの設定を読み込まなくなってしまった。原因を調べるため一部のファイルを隔離して起動してみたり、"--debug-init"という起動オプションをつけて起動してみたりしたがよく分からず。最終的にはどうもミニバッファの履歴が問題らしいというのは分かった。履歴機能は

昔は ~/.emacs-history
今は ~/.emacs.d/history

にある。

色々対処方法はあるようだったが、イチイチ調べるのが面倒だったので、単にhistoryのファイルを一時的に隔離してどうしてみた所普通に起動した。.emacsやらinitの設定は代えずに普通に動ごいた。minibufferの履歴とか別にドウでも良かったのでファイルを削除してしまって起動して済ますことにした。

ここを参考に見た

最近hatenaダイアリーが消滅してブログに統合するらしいので、ここも何かちょっと変わるかもしれない。